1:以下、どうみても速報がお送りします:2012/08/19(日) 18:30:28.14 ID:doumitemo

1
しずかちゃん1


2
しずかちゃん2

3
しずかちゃん3

4
しずかちゃん4

5
しずかちゃん5

6
しずかちゃん6

7
しずかちゃん7

8
しずかちゃん8

9
しずかちゃん9

10
しずかちゃん10

11
しずかちゃん11

12
しずかちゃん12

13
しずかちゃん13

14
しずかちゃん14

15
しずかちゃん15

16
しずかちゃん16

17
しずかちゃん17

18
しずかちゃん18

19
しずかちゃん19

20
しずかちゃん20

21
しずかちゃん21

22
しずかちゃん22

23
しずかちゃん23

24
しずかちゃん24

25
しずかちゃん25

26
しずかちゃん26

27
しずかちゃん27

28
しずかちゃん28

29
しずかちゃん29

30
しずかちゃん30


この記事を読んだ人へのオススメ


親戚の援助を受けつつ、身体の弱い妹摩耶とふたりきりで暮らす慶太。
幼い頃の事故により、事故以前の記憶がない慶太だったが、今の生活を幸せに思っていた。

最近になって、よくみる不思議な夢。
シロイオンナノコの夢。
胸の奥をぎゅうっと締め付けられるような……夢。
慶太は、ただただ不思議に思うだけだった。

そんなある日、摩耶の提案で、以前ふたりで行った場所に行く事になる。

慶太にとっては、記憶がない場所だったが、あちこちと連れられ、こと細かく説明をする摩耶を少し疑問に思いつつ、日が暮れるまで歩き続けるふたり。

そして、高台に着いたふたりはある小さな祠を見つける。

「…やっとむかえにきてくれた」

そこへふと現れた謎の少女ツクモは、そう言って慶太の腕を抱く。

「まってたよ、おにいちゃん」

それは出会い、あるいは再会から始まる物語。

【半額対象】ツクモノツキ


おすすめ更新情報